FC2ブログ

愛知県基準地価、都心・周辺地域で7年連続上昇!?

愛知県が19日に発表した7月1日現在の基準地価で、県内の平均は住宅地が0.9%、商業地が3.7%上昇した。
ともに7年連続の上昇で、2年連続で上昇率は大きくなった。値上がりが続いてきた名古屋市中心部などの人気が波及し、周辺地域で上昇幅が大きくなる傾向がみられた。
人口が減少する地域の下落には歯止めがかからなかった。

20190920-1_1.jpg

【住宅地】
地域別では、名古屋市で2.1%、西三河で2.0%、尾張で0.7%の上昇。知多は0.2%、東三河は0.7%、それぞれ下落した。
職場と住居の近接を求める傾向が強まっており、オフィス街のある名古屋市中心部、自動車関連企業が立地する西三河の人気が継続した。
市町村別で上昇率1位の知立市は、刈谷市などに比べ割安で交通の便も良いことなどから人気が高まったとみられる。
地点別の上昇率は、上位5地点のうち3地点を名古屋駅西側が占めた。

20190920-1_2.jpg

【商業地】
地域別は名古屋市が7.5%、西三河が1.9%、尾張は0.8%の上昇。
昨年は0.6%の下落だった東三河は0.1%の上昇に転じた。知多は0.7%の下落だった。住宅地と同様、名古屋市は全16区で上昇した。
地点別の下落率は、下位5地点のうち4地点が知多、東三河の地点だった。
高齢化と人口減少で空き家が多く、土地の需要が限られているという。

20190920-1_3.jpg

住宅地と商業地に共通する傾向として、名駅・栄・伏見といった一等地に高値天井感が出ている。
供給も限られており、比較的割安感があり交通アクセスが良好な上前津、金山などが若い人の人気を集めている。
10月の消費税増税前の駆け込み需要はほとんどみられなかった。

≪ 令和元年9月20日 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計