FC2ブログ

友好都市のモニュメントなどが撤去!?久屋大通公園

久屋大通公園の再整備事業で、名古屋市は公園にあった姉妹・友好都市から贈られたモニュメント10基のうち2基を別の場所に移設し、劣化で移設が難しい8基は撤去すると明らかにした。
「ロサンゼルス広場」「メキシコ広場」など姉妹・友好都市にちなんだ四広場の名前も姿を消す。

CIMG8855.jpg

移設されるのは、桜通の北側にあった米ロサンゼルス市から贈られた古代の石「ロサンゼルスの石」と、魚ノ棚通の北側にあった中国・南京市からの石柱「華表」で、移設場所は未定。
ワシの彫刻とハリウッドスターの手形、メキシコの戦士像、オーストラリアの移民船のいかりなどは撤去し処分する。

CIMG2354_20190719091235372.jpg

久屋大通公園では、桜通から北側の四つの広場を1950~80年代に姉妹都市、友好都市協定を締結した四都市にちなんで「ロサンゼルス広場」などと名付け、モニュメントを設置してきた。

市が再整備にあたってモニュメントの状況を確認したところ、ひびが入るなど劣化が激しいことが判明。
四都市側にも意向を伝え、撤去を決めた。

市の担当者は「思ったよりも劣化が進んでいた。残念だが、交流の気持ちは変わらない」と話す。
モニュメントがあったことを示すプレートの設置などができないか検討する。

≪ 7月17日(水) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト



名駅投資熱近隣部にも!?令和元年愛知県路線価

1日に公表された県内の税務署ごとの最高路線価では、名古屋駅前が最も高く、その投資熱が波及した近隣部の上昇傾向がより顕著になった。
名古屋市近郊や西三河地域でも駅前の再開発事業や大型イベントへの期待感から上昇した。

県内で最も路線価が高かったのは、15年連続で名古屋市中村区名駅一の「名駅通り」。
昨年、バブル経済以降24年ぶりに1㎡あたり1,000万円台の大台に乗り、今年は1,104万円とさらに上昇した。
上昇率は10.4%で、前年の13.6%を下回ったが、二桁の伸びが続いた。

県内の上昇率で20%を超えたのは、同市中区栄三の「大津通り」の23.5%と同市熱田区金山町一の「新尾頭金山線通り」の21.9%だった。

PK2019070102100318_size0.jpg

名古屋市外では、豊橋市広小路一の「駅前通り」が1㎡あたり41万円で最も高くなった。
再開発が進む刈谷駅前、今秋にラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催を控える豊田の駅前で上昇率が高くなった。
一方、人口減少や津波への警戒感を抱える東三河や知多地域は横ばいか下落した。

都市部や尾張、西三河地域の上昇が全体を押し上げる形で、県内の平均値は七年連続で2.2%の上昇となった。

≪ 7月2日(火) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計