FC2ブログ

上昇幅が拡大!?2019年愛知県公示地価

19日に発表された公示地価で、県内の地価は住宅地では7年連続、商業地では6年連続の上昇となり、いずれも上昇幅が拡大した。
宅地やオフィス需要が多い名古屋市都心部などでの上昇が顕著な一方、知多や東三河地方の山間部、海沿いの地域では下落しており、二極化が進んでいる。

tika2019.jpg

◆住宅地◆
県全体の変動率は1・2%の上昇で、昨年に比べ上昇幅は0・5ポイント拡大した。
地域別では、名古屋市が2・3%、尾張地方が0・9%、西三河地方で1・8%上昇したのに対し、知多地方で0・2%、東三河地方は0・8%下落した。
上昇した地方ではいずれも上昇幅が拡大。
下落した地方でも下落幅は小さくなった。

市町村別では33市町で上昇。
上位は長久手市、豊田市、刈谷市などで、都市部近郊で住宅需要が高い地域だった。
下落は15市町村。
下落幅が大きかったのは美浜町や南知多町、新城市など高齢化、過疎化が進む自治体だった。
災害リスクが懸念される海沿いの地域でも下落がみられた。

最高価格は、今回新たに調査地となった中区栄2-6-17のマンション用地で、一平方メートル当たり128万円だった。

◆商業地◆
県全体の平均変動率は、昨年比1・4ポイント増となる4・6%の上昇だった。

地域別では、住宅地と同じく名古屋市、尾張、西三河地方で上昇。
知多、東三河地方で下落した。
特に名古屋市は、名古屋駅周辺のオフィス需要の高まりや、中日ビルの建て替えなどを控える栄周辺の再開発への期待感の高まりから地価の上昇が顕著で、昨年比2・7ポイント増となる8・9%の上昇となった。
下落した知多、東三河地方は下落幅は縮小した。

最高価格は中村区名駅1-2-2「名古屋近鉄ビル」で、一平方メートル当たり1230万円だった。

tika20192.jpg

≪ 3月20日(水) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト

春日和、売出中の庭で梅の花をのんびり眺めた・・・

すっかり春日和ですね。 
名古屋市郊外で売出中の一戸建の庭では、梅が見頃を迎えていました。

P2250063.jpg

花がある暮らしって、彩が感じられていいですね。 

P2250074.jpg

思わず、お客さんと一緒にのんびり眺めてしまいました。

P2250082.jpg

まだしばらく梅の花が見られると思いますので、機会があればご覧ください。 
関連記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計