FC2ブログ

桃花台第一公園には極細ロングすべり台があった

桃花台第一公園には、こんなすべり台もありました。

P2210365.jpg

細くて長~いすべり台。

P2210374_20160226111017ed3.jpg

これ、勢い良く滑ったら、怖くないかな・・・ 

P2210373.jpg

頂上部に塔屋があり、更に階段を上がって滑り降ります。

P2210368.jpg

また背後から頂上部へは、木の階段で上がれるようになっていて。

P2210371.jpg

こちらは、ワイルド山登り風?

P2210370.jpg

更にもうひとつ、すべり台が付いています。
こちらの長さも、ソコソコありますよね。 

P2210369.jpg

富士山すべり台とのツーショットもナイス。 

P2210367_20160226111017d4b.jpg

受験生はもしかしたら立ち寄りたくないかもしれない、すべり台が充実した公園ですね。

関連記事
スポンサーサイト

桃花台第一公園で富士山に登頂する

桃花台ニュー(?)タウン内にある、桃花台第一公園。

P2210352.jpg

この公園の奥で・・・

P2210353.jpg

富士山すべり台に出会えました。 
振り返ってみると、名古屋市外では初めて出会った富士山です。

P2210354.jpg

冬枯れの芝生に存在感を示す、真白な山肌。

P2210357.jpg

でも良く見ると、かすかに残雪が描かれています。
年月と共に、ペイントが薄れていったのでしょうか・・・

P2210356.jpg

整然とした岩場。

P2210359.jpg

頂上部は平坦パターン。

P2210360.jpg

頂上部からは広い公園が見渡せて、気持ちいいですよ。

P2210364.jpg

これで名古屋市外にも富士山があることが判明しましたので、これからもチェックしていきたいと思います。 

P2210375.jpg




関連記事

定光寺公園の中腹には人知れず塑像群が展示されている!

定光寺で一番興味があったのが、この駐車場・・・の奥。

P2100199.jpg

小高くなった斜面には石段があり、上って行くと・・・

P2100157.jpg

そこには、ショーケース(?)に入った首像が。
ちょっと、怖いです。 

P2100158.jpg

そしてその隣には、ズラッと並んだ塑像群が。
ほとんど人気のない木の生い茂った場所に、こんな作品群があったなんて! 

P2100160.jpg

直立する男性像。
かなり身体は鍛え上げられているようです。

P2100161.jpg

台座を見ると、「1987年5月彫塑クラブ」とあります。

P2100164.jpg

その隣には女性像。

P2100166.jpg

そして、岩を転がす子供像。

P2100170.jpg

なにやら一生懸命感がでていて、イイ! 

P2100171.jpg

その隣の老人像は、足がなし。

P2100174.jpg

その背中には、哀愁を感じます。

P2100175.jpg

後ろ手にした女性像。

P2100176.jpg

その隣にある、この丸いのは・・・

P2100179.jpg

良く見ると表面には模様があり、どうも地球に見立てているようです。

P2100178.jpg

赤子を抱えた女性像は、服を着ていて凛々しい印象。

P2100180.jpg

そしてこの最後の作品が、とてもインパクトがあるんですよね。

P2100184.jpg

何かを叫んでいるかのような表情です。

P2100189.jpg

上半身は裸ながら・・・

P2100193.jpg

下半身はズボンを履いているようです。

P2100192.jpg

そして乗っていた台は、なんと巨大な髑髏だったのですね。 

P2100185.jpg

森の中に響く、声なき咆哮。

P2100187.jpg

珍スポット・アート好きな方には見逃せない、不思議な空間がそこには広がっていますよ。

P2100197.jpg

関連記事

地名・駅名にもなっています、応夢山・定光寺

定光寺公園の目玉モニュメントのあったところの北側にあるのが、定光寺参道。

P2100225.jpg

橋を渡って・・・

P2100226.jpg

その先の山道・階段をずっと上がって行くと・・・

P2100227.jpg

やがて山門に到着します。 

P2100233.jpg

その奥にある本堂は禅宗様式の建築で、国の重要文化財に指定されています。

P2100232.jpg

中には延命地蔵願王菩薩、他に千体他地蔵などが祀られています。

P2100234.jpg

本堂の横には、地蔵尊。

P2100235.jpg

奥には、源敬候廟入口があります。

P2100231.jpg

階段の上には、経堂も。

P2100237.jpg

更に坂を上がって行くと開けた場所に出て。
ここには、展望茶屋もあります。

P2100228.jpg

山の上にある寺院なので、眺望も良好です。

P2100230.jpg

坂を上がるのが大変ですが、定光寺へ行かれた際には立ち寄ってみてください。 

関連記事

定光寺公園の目玉モニュメントはインパクト大!

定光寺駅から城嶺端を渡って、しばらく東へ歩くと・・・

P2100129.jpg

そこにあるのが愛知高原国定公園、定光寺公園です。

P2100202.jpg

山に囲まれ、池を配置した広々とした公園なんです。

P2100204.jpg

そんな広大な公園で目にしたのが、この不思議なモニュメント。

P2100219.jpg

地面から伸びた両手に、巨大な目玉が持ち上げられています。 

P2100215.jpg

夜だと、ちょっとコワイかも・・・

P2100214.jpg

とはいえ、かなりインパクトがあるので、珍スポット好きの方も要チェック。 

P2100217.jpg

バス停のある駐車場近くにありますよ。



関連記事

定光寺の有名廃墟千歳楼を眺める

定光寺駅から城嶺橋を基点として、その向こう側にあるのが「千歳楼」。
昭和3年に開業、以前は有名な老舗料理旅館だったそうですが・・・

P2100155.jpg

90年代半ばの年商10億円をピークに売り上げが落ち、03年に6億円の負債を抱えて倒産したようです。 
現在はフェンスで囲われ廃墟状態で、中には入れないようになっています。

P2100156.jpg

しっかし、川べりのスゴイ場所に建っていますよね。 

P2100134.jpg

その分眺望は良さそうですし、駅からのアクセスも良好。
20年以上前の夜にここを通った際、川沿いにいくつも電灯が点いていて幻想的な光景だったのを憶えています。

P2100132.jpg

リノベーションして再興すると、面白そうな気もするのですが・・・
ちょっと無理でしょうか。  

関連記事

定光寺駅前のレトロな商店街は川ギリギリに建っている

定光寺駅前にあった、これは商店街? 
駅へと続く階段の時刻表があるところから、城嶺橋へとかけていくつかの民家が軒を並べています。

P2100147.jpg

この味わいのある建物は、喫茶店でしょうか・・・
店内には電気が点いていて、ちゃんと営業もしているようです。

P2100151.jpg

その建物向いのここには、以前は電話が置いてあったのでしょうか?

P2100149.jpg

コーヒー300円、めずらしい石いろいろ・・・と、今はお店の宣伝場となっているようです。
どうも、鉱物カフェだったのですね。 

P2100150.jpg

その先にあった建物には・・・

P2100154.jpg

窓には、SLのプレートが貼ってあって。

P2100152.jpg

愛岐トンネル群保存再生委員会の、事務局になっていました。
なかなかシブイ。

P2100153.jpg

あっという間に、商店街らしきものは終わってしまうのですが・・・

P2100126.jpg

駅前の川べりのわずかなスペースに、これでもかと軒を連ねるのその心意気にちょっと感動。

P2100239.jpg

これからも頑張って欲しいですね。 

関連記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計