FC2ブログ

名駅郵政ビル、JRと一体開発

日本郵政グループは26日、JR名古屋駅前にある旧名古屋中央郵便局跡地(名古屋市中村区)の再開発計画を発表した。
高さ200メートルの超高層ビルで、南側に隣り合うJR東海の新ビルと一体開発する。
2013年夏に着工、15年秋の完成を目指す。

3a241f786ba708f92925555caa2d08d2.jpg

再開発ビルは名工建設(名古屋市)との共同事業。
地上40階~地下3階の高層棟と地上11階~地下1階の低層棟からなり、延べ床面積17万9000平方メートル。高層棟の地上3階から地下1階には商業施設や郵便局(計5000平方メートル)が入り、4階以上は企業向けオフィス(計8万5000平方メートル)となる。

低層棟の1階はJRの新ビルと合わせて、名古屋市営バスなどのターミナルとなり、2階から上は700台分の立体駐車場となる。
高層棟と低層棟の間は歩行者用通路とし、JRの新ビルを抜けて名古屋駅と直結。
地下通路では市営地下鉄などとも行き来できるようにする。

日本郵政の再開発ビルは当初、12年の完成を予定。同社は「JR東海などとの調整や環境影響評価の実施などで計画が遅れた」と説明しているが、郵政民営化の見直しや経済状況の悪化なども影響したとみられる。
名古屋中央郵便局名古屋駅前分室として使っている現存の建物は、ことし10月ごろから解体工事に入る。

                          ≪ 3月27日(火) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト



香流川

名東区北部を穏やかに流れる「香流川」。
桜並木もあり、これからの季節は華やかに彩られます。

kanare1.jpg

また、側道から河川近くまで下りれるようになっていて・・・

kanare2.jpg

間近で、川のせせらぎを体感できますよ。 

kanare3.jpg
関連記事

平成24年地価公示

○ 平成23年の1年間の地価は、リーマンショック後における4年連続の下落となったが、下落率は縮小傾向を示した。
○ 半年毎の地価動向を都道府県地価調査(7月1日の地価を調査)との共通の調査地点でみると、東日本大震災のあった23年前半(1~6月)に下落率が拡大し、23年後半(7~12月)に下落率が縮小した。
○ 大震災の影響により、不動産市場は一時的に停滞したが、被災地を除き、比較的早期に回復傾向を示している。一方、円高、欧州債務危機等の先行き不透明感による地価への影響も見られる。

【住宅地】
◆ 低金利や住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支えもあって下落率は縮小した。人口の増加した地域で下落率の小さい傾向が見られ、また、住環境良好あるいは交通利便性の高い地点で地価の回復が目立った。
◆ 圏域別にみると、 ・ 東京圏は、年前半は他の圏域に比べ下落率が拡大したが、年後半は他の圏域を上回る回復を示した。
・ 大阪圏は、年前半、後半を通じて下落率が縮小しており、上昇地点も兵庫県を中心として増加した。
・ 名古屋圏は、年前半に下落率が拡大したが、年後半は圏域として横ばいとなった。
・ 地方圏は、前年より下落率が縮小し、上昇地点が増加した。特徴的な地域をみると、宮城県が愛知県に次ぐ下落率の低さを示し、福岡県・福岡市で上昇地点が増加した。

【商業地】
◆ 前年より下落率が縮小したが、オフィス系は高い空室率・賃料下落、店舗系は商況の不振から、商業地への需要は弱いものとなっている。その中にあって、主要都市の中心部において、賃料調整(値下げ)が進んだこともあって、BCP(事業継続計画)やコスト削減等の目的で耐震性に優れる新築・大規模オフィスへ業務機能を集約させる動きが見られ、これら地点の年後半の地価は下げ止まっている。また、三大都市圏と一部の地方圏においては、J-REITによる積極的な不動産取得が見られた。その他、堅調な住宅需要を背景に商業地をマンション用地として利用する動きが全国的に見られた。
◆ 圏域別にみると、 ・ 東京圏は、年前半に他の圏域に比べ下落率が拡大したが、年後半は他の圏域を上回る回復を示した。
・ 大阪圏は、年前半、後半を通じて下落率が縮小した。
・ 名古屋圏は、年前半に下落率が僅かに拡大したが、年後半は圏域としてほぼ横ばいとなった。
・ 地方圏は、前年より下落率が縮小した。特徴的な地域をみると、滋賀県草津市において、マンション用地等の需要により市全体で0.1%上昇となり、福岡県・福岡市において、九州新幹線の全線開通(23年3月)等により博多区全体として横ばいとなった。

【東日本大震災の被災地】
◆ 地価公示は、多数の土地取引が行われる地域において価格の指標を与えること等を目的として実施されるものであるので、津波により甚大な被害を受けた地域や原子力災害対策特別措置法により設定された警戒区域等に存する標準地については、調査地点の変更(選定替)あるいは調査を休止した(休止は警戒区域内の17地点)。
◆ 被災地における土地への需要は被災の程度により差が見られ、特に宮城県では浸水を免れた高台の住宅地等に対する移転需要が高まり地価の上昇地点が見られた。岩手県は前年と同程度の下落率を示し、福島県は前年より大きな下落率を示している。

                     ≪ 国土交通省 土地・建設産業局地価調査 より ≫
関連記事

早咲きの桜

いよいよ、春の近づきを感じます。 
平和公園の桜の園には、早咲きの品種もいくつかあり・・・

haya-s1.jpg

今の時期から、春の気分を味わうことができます。

haya-s2.jpg

ソメイヨシノの開花も、もうあと少しですね。 
関連記事

日進市役所

不動産の調査で日進市役所へ。

本館はタイル貼りで、キレイな建物だったのですが・・・

n-s1.jpg

不動産部門の入った北館は、耐震補強された古い建物でした。 

n-s2.jpg
関連記事

風光る

中区丸の内にある、都心のオアシス本町公園。

kazeh1.jpg

そこには、凜と佇む少女像が。
風になびくマントのデザインがいいですね~ 

kazeh2.jpg

女性像を多く残した、柴田鋼造氏の作品のようです。

kazeh3.jpg

関連記事

サルスベリ

街で見かけた、サルスベリの木。
「百日紅」と書いて「さるすべり」と読むようです。

saru1.jpg

原産地の中国では、次から次へと花を咲かせ、百日にもわたってどこかに花を咲かせているので「百日紅」と呼んだようです。

saru2.jpg

日本ではその幹がつるつるしているので、木登りの上手な猿でさえ登れないということで「さるすべり」と呼んだみたいですね。
確かに、幹はツルツルでした・・・ 
関連記事
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計