FC2ブログ

名駅投資熱近隣部にも!?令和元年愛知県路線価

1日に公表された県内の税務署ごとの最高路線価では、名古屋駅前が最も高く、その投資熱が波及した近隣部の上昇傾向がより顕著になった。
名古屋市近郊や西三河地域でも駅前の再開発事業や大型イベントへの期待感から上昇した。

県内で最も路線価が高かったのは、15年連続で名古屋市中村区名駅一の「名駅通り」。
昨年、バブル経済以降24年ぶりに1㎡あたり1,000万円台の大台に乗り、今年は1,104万円とさらに上昇した。
上昇率は10.4%で、前年の13.6%を下回ったが、二桁の伸びが続いた。

県内の上昇率で20%を超えたのは、同市中区栄三の「大津通り」の23.5%と同市熱田区金山町一の「新尾頭金山線通り」の21.9%だった。

PK2019070102100318_size0.jpg

名古屋市外では、豊橋市広小路一の「駅前通り」が1㎡あたり41万円で最も高くなった。
再開発が進む刈谷駅前、今秋にラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催を控える豊田の駅前で上昇率が高くなった。
一方、人口減少や津波への警戒感を抱える東三河や知多地域は横ばいか下落した。

都市部や尾張、西三河地域の上昇が全体を押し上げる形で、県内の平均値は七年連続で2.2%の上昇となった。

≪ 7月2日(火) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト

名古屋初!伏見駅ナカ「ヨリマチ」12月オープン予定

愛知県・名古屋市交通局は4日、市営地下鉄伏見駅(同市中区)構内で計画している店舗街の施設名を「ヨリマチFUSHIMI」と名付け、12月中に開業すると発表した。
東京などの地下鉄で先行する「駅ナカ商業施設」の名古屋での第1弾。
現在、飲食、雑貨など12店舗ほどの選定を進めている。

名称は「寄り道」と「街」を組み合わせた造語。
伏見駅周辺はオフィス街で、御園座などの文化施設の集積地でもある。駅利用者が通過するだけでなく、足を止めて訪れたくなるような魅力的な店舗を誘致し、今秋に公表するという。

20190605-1_1.jpg

整備する区域は伏見駅の地下1階で、東山線ホーム南西にある中改札口と鶴舞線ホーム南にある南改札口との間のコンコース。
従来は駅長室や事務室があった延べ床面積880平方メートルを改装する。

20190605-1_2.jpg

名古屋鉄道などの民間事業者グループが店舗誘致と内装、施設全体の運営を担い、市が区画整理やトイレ整備などを行う。
市の整備費用は計20億円。
市は名鉄などから賃料収入(金額は非公表)を得る予定で、運輸事業以外の収益の柱として期待している。

飲食店などが駅の中に軒を並べる駅ナカ施設は、2000年代後半から関東、関西地方の地下鉄駅を中心に広まっている。
地下街が有名な名古屋市だが、地下鉄駅の構内で複数の店舗が一体的に整備された施設はこれまでなかった。

≪ 6月5日(水) 中日新聞朝刊より ≫

珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています
今日はどんなブログが何位かな?

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ブログが面白かったら拍手ポチッとお願いします (っ^ω^)っ
   ↓
関連記事

ジブリパークで基本合意!愛知県・スタジオジブリ・中日新聞社が連携

愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に「ジブリパーク」を整備する構想で、愛知県とスタジオジブリ(東京都)、中日新聞社は31日、県がパークを整備し、スタジオジブリと中日新聞社が共同出資して設立する新会社が管理運営を担うことで基本合意した。
2022年秋の開業に向け、19年度中に詳細な設計を進めて事業費や運営手法などを協議する。
県庁で同日、三者が共同で記者会見して発表した。

HyM.jpg

大村秀章知事は「ジブリの世界観を再現する唯一無二の公園を造っていきたい。
将来にわたり多くの人たちに愛され、後世に引き継がれていく公園にする」と強調。
「中日新聞はジブリの信頼も厚く、運営のパートナーに、とのことで合意した」と経緯を説明した。

会見に出席したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは、宮崎駿監督とともに制作したジブリパークのロゴマークを披露し「国内外の多くの人に喜んでもらえるよう頑張っていきたい」と述べた。
中日新聞社の大島宇一郎社長も「多くの方々に楽しんでいただける体制になるよう全力で当たっていきたい」と語った。

PK2019060102100005_size0.jpg

県とスタジオジブリは17年5月、05年愛知万博の理念「自然の叡智(えいち)」を継承するため、万博メイン会場跡地の公園の一部に、映画「もののけ姫」「となりのトトロ」などジブリ作品の世界観を再現したパークを整備することで合意。
五つのエリアのうち「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の3エリアを22年秋に先行開業させ、残る「もののけの里」と「魔女の谷」を翌23年に開業させる整備構想を昨年12月に発表していた。

≪ 6月1日(土) 中日新聞朝刊より ≫

珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています
今日はどんなブログが何位かな?

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ブログが面白かったら拍手ポチッとお願いします (っ^ω^)っ
   ↓
関連記事

東海初!?津波災害警戒区域、愛知県で7月末指定予定

不動産取引時の重要事項説明項目にもなっている、津波災害警戒区域。

愛知県は、令和元年7月30日に愛知県内の26市町村において、津波災害警戒区域を指定する予定と発表しました。
指定は東海3県では初めてで、指定される区域では、今後学校や病院ごとの避難計画を作ることなどが義務づけられます。

津波災害警戒区域は、8年前の東日本大震災を教訓に、津波が発生した場合に備えて避難体制を特に整備する必要のある区域を、法律にもとづいて都道府県知事が指定するものです。
各地で指定が進んでいますが、東海3県で海に面している愛知県と三重県では、これまでのところ、指定されてきませんでした。

こうした中、愛知県は津波で1センチ以上浸水すると想定される地域を、7月30日に「津波災害警戒区域」に指定することになり、5月30日対象となる区域を公表しました。

242932_787048_img.png

愛知県は、新たに指定する「津波災害警戒区域」の情報を、県のホームページでも公表しています。
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kasen/tsunamisaigai.html

名古屋市内では、中村区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・緑区が該当しています。
まだ指定予定の段階ではありますが、今後この地域の取引を行う場合は、しっかり説明したいと思います。 

珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています
今日はどんなブログが何位かな?

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ブログが面白かったら拍手ポチッとお願いします (っ^ω^)っ
   ↓
関連記事

栄・丸栄跡地に「食」の施設!?2020年末オープン予定

医薬品メーカーの興和(名古屋市)は24日、昨年6月末に閉店した傘下の百貨店「丸栄」(名古屋・栄)の跡地に食をテーマにした商業施設をつくり、2020年末をめどにオープンすると発表した。
興和は周辺の自社物件を含めた一体的な開発を目指しており、飲食店や食品販売店が入る3階建ての暫定施設となる。
整備費は内装を含め50億円程度の見通し。

649430_0_00.jpg

同市内であった決算発表の場で三輪芳弘社長が説明し、「人が集まる栄の中心地にふさわしくなるよう、気軽に入れる店舗をそろえたい」と手頃な価格帯の商品を扱う考えを示した。
施設の活用については「10~20年間」とし、これまで27年をめどに再開発を進めるとしていた、広小路通を挟んだ北側のビルとの一体開発は、地権者との協議の遅れもあり「実現時期は分からない」と述べた。

丸栄の解体は20年3月に完了する予定で、新施設はその後に着工する。
三輪社長は、丸栄本館外壁にあったタイル画について、新施設につながる地下通路に一部展示したいとの考えも明らかにした。

P6280450_2019052513374514b.jpg

≪ 5月25日(土) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事

解体が進む丸栄の名残りを感じる!光り壁「木漏れ日」

昨年6月でその幕を閉じた丸栄百貨店。
現在は、解体工事の準備が進んでいるようでした。

P5020001.jpg

壁面のモザイク壁画は、無事保存されたのでしょうか?

P5020042.jpg

今やその姿を消しつつある丸栄ですが、その名残を地下で見つけました。 

P2280032.jpg

丸栄のロゴを残しつつ、モザイク壁画のように光るパネル。

P2280030.jpg

安河内敦子作、光り壁「木漏れ日」。

P2280028.jpg

この時計も、レトロでいい感じですよね~

P2280033.jpg

上部の照明も、合わせてデザインされています。

P2280029.jpg

まだしばらく、丸栄の名残りを感じられそうなので・・・

P2280031.jpg

地下街突き当りを、チェックしてみてください。 

珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています
今日はどんなブログが何位かな?

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ブログが面白かったら拍手ポチッとお願いします (っ^ω^)っ
   ↓
関連記事

上昇幅が拡大!?2019年愛知県公示地価

19日に発表された公示地価で、県内の地価は住宅地では7年連続、商業地では6年連続の上昇となり、いずれも上昇幅が拡大した。
宅地やオフィス需要が多い名古屋市都心部などでの上昇が顕著な一方、知多や東三河地方の山間部、海沿いの地域では下落しており、二極化が進んでいる。

tika2019.jpg

◆住宅地◆
県全体の変動率は1・2%の上昇で、昨年に比べ上昇幅は0・5ポイント拡大した。
地域別では、名古屋市が2・3%、尾張地方が0・9%、西三河地方で1・8%上昇したのに対し、知多地方で0・2%、東三河地方は0・8%下落した。
上昇した地方ではいずれも上昇幅が拡大。
下落した地方でも下落幅は小さくなった。

市町村別では33市町で上昇。
上位は長久手市、豊田市、刈谷市などで、都市部近郊で住宅需要が高い地域だった。
下落は15市町村。
下落幅が大きかったのは美浜町や南知多町、新城市など高齢化、過疎化が進む自治体だった。
災害リスクが懸念される海沿いの地域でも下落がみられた。

最高価格は、今回新たに調査地となった中区栄2-6-17のマンション用地で、一平方メートル当たり128万円だった。

◆商業地◆
県全体の平均変動率は、昨年比1・4ポイント増となる4・6%の上昇だった。

地域別では、住宅地と同じく名古屋市、尾張、西三河地方で上昇。
知多、東三河地方で下落した。
特に名古屋市は、名古屋駅周辺のオフィス需要の高まりや、中日ビルの建て替えなどを控える栄周辺の再開発への期待感の高まりから地価の上昇が顕著で、昨年比2・7ポイント増となる8・9%の上昇となった。
下落した知多、東三河地方は下落幅は縮小した。

最高価格は中村区名駅1-2-2「名古屋近鉄ビル」で、一平方メートル当たり1230万円だった。

tika20192.jpg

≪ 3月20日(水) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計