FC2ブログ

上昇幅が拡大!?2019年愛知県公示地価

19日に発表された公示地価で、県内の地価は住宅地では7年連続、商業地では6年連続の上昇となり、いずれも上昇幅が拡大した。
宅地やオフィス需要が多い名古屋市都心部などでの上昇が顕著な一方、知多や東三河地方の山間部、海沿いの地域では下落しており、二極化が進んでいる。

tika2019.jpg

◆住宅地◆
県全体の変動率は1・2%の上昇で、昨年に比べ上昇幅は0・5ポイント拡大した。
地域別では、名古屋市が2・3%、尾張地方が0・9%、西三河地方で1・8%上昇したのに対し、知多地方で0・2%、東三河地方は0・8%下落した。
上昇した地方ではいずれも上昇幅が拡大。
下落した地方でも下落幅は小さくなった。

市町村別では33市町で上昇。
上位は長久手市、豊田市、刈谷市などで、都市部近郊で住宅需要が高い地域だった。
下落は15市町村。
下落幅が大きかったのは美浜町や南知多町、新城市など高齢化、過疎化が進む自治体だった。
災害リスクが懸念される海沿いの地域でも下落がみられた。

最高価格は、今回新たに調査地となった中区栄2-6-17のマンション用地で、一平方メートル当たり128万円だった。

◆商業地◆
県全体の平均変動率は、昨年比1・4ポイント増となる4・6%の上昇だった。

地域別では、住宅地と同じく名古屋市、尾張、西三河地方で上昇。
知多、東三河地方で下落した。
特に名古屋市は、名古屋駅周辺のオフィス需要の高まりや、中日ビルの建て替えなどを控える栄周辺の再開発への期待感の高まりから地価の上昇が顕著で、昨年比2・7ポイント増となる8・9%の上昇となった。
下落した知多、東三河地方は下落幅は縮小した。

最高価格は中村区名駅1-2-2「名古屋近鉄ビル」で、一平方メートル当たり1230万円だった。

tika20192.jpg

≪ 3月20日(水) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
スポンサーサイト

春日和、売出中の庭で梅の花をのんびり眺めた・・・

すっかり春日和ですね。 
名古屋市郊外で売出中の一戸建の庭では、梅が見頃を迎えていました。

P2250063.jpg

花がある暮らしって、彩が感じられていいですね。 

P2250074.jpg

思わず、お客さんと一緒にのんびり眺めてしまいました。

P2250082.jpg

まだしばらく梅の花が見られると思いますので、機会があればご覧ください。 
関連記事

新中日ビル、建て替え基本計画発表

中日新聞社と子会社の中部日本ビルディング社は15日、名古屋・栄の「中部日本ビルディング(中日ビル)」建て替えの基本計画を発表した。

新ビルは地上31階、地下四階で高さ約170メートル、延べ床面積は約10万3000平方メートル。
現在の中日ビルの解体後、2021年初めごろに新築工事に着手し、24年度の完成を目指す。
初公表の外観イメージによると主に商業施設が入る低層部、オフィスの中層部、ホテルの高層部が階段状に積み上がる。

PK2019021602100005_size0.jpg

低層部の高さを周辺のビルと同程度の約40メートルとし、街並みとの調和を意識。現
在のビルの特徴でもある屋上の回転展望レストランの外観も、モニュメントなど何らかの形で活用を検討するという。

20181220-3.jpg

高さ40メートルの低層部の屋上には広場を設け、都心部の展望を楽しめるスポットにする。
大通りに面した1階には歩道から出入りできる物販や飲食の店舗を配置し、地上のにぎわいを生み出す。
最大600席の可動式の座席を収容できる多目的ホールも設ける。

≪ 2月16日(土) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事

平成31年度税制大綱、住宅ローン減税増税後13年間に延長!?

平成31年度税制改正では、消費税増税による住宅市場の需要減少対策として、住宅ローン減税の適用期間を現行の10年間から3年延長し、13年間とすることが決まった。
対象は31年10月以降に契約し、32年12月末までに引き渡された住宅やマンションに住民票を移して居住する人に限る。

住宅ローン減税は、住宅を新築や増改築または購入した場合、毎年末の住宅ローン残高の1%を所得税などから差し引ける制度。(築年数等利用制限があります)
現行は10年間で一般住宅の場合、最大計400万円、長期優良住宅などの特定の住宅は500万円がそれぞれ差し引かれ、確定申告や年末調整を通じて還付される。
33年末までに入居した人が対象となっている。

ZEISEIT.jpg

税制改正で延長される3年間は、住宅やマンションの建物購入価格の2%分を3年かけて所得税などから差し引く。
例えば、建物部分の価格が3千万円の住宅を購入した場合、2%の消費税増税分に相当する60万円が3年間で還付の対象となる。
ただし、この建物価格の2%を3等分した額と、借入残高の1%分の金額を比べて少ない方を実際に還付される減税額とする。

≪ 12月14日(金) 産経新聞より ≫
関連記事

愛知教育大学附属名古屋中学校で見かけた、謎の黄色いゾウ

地下鉄「砂田橋」駅の南にある、愛知教育大学附属名古屋中学校。

PB030005.jpg

ぼんやりと道路から校舎の方を眺めていると、むむ?

PB030003.jpg

そこには真黄色にペイントされた、やけに目立つ人物像がチョコンと。 

PB030001.jpg

靴や靴下までキレイにペイントされていて、妙にリアルな出来栄えです。
しかも腰掛けているのは、もしかして金庫でしょうか? 

PB030004.jpg

色々と詳細は不明ですが、久しぶりに興味深い謎の像を見かけました。
遠目でしか見えませんが、要チェックです。 

PB030002.jpg



珍・B級スポット、名古屋情報ランキングに参加しています
今日はどんなブログが何位かな?

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ブログが面白かったら拍手ポチッとお願いします (っ^ω^)っ
   ↓


関連記事

久屋大通公園バスのりば跡地の事業提案、名古屋市が募集開始

名古屋市は来年3月に久屋大通公園内の栄バスターミナル(噴水南のりば)を移転した後、跡地を集客・交流拠点として活用するため、民間事業者からの事業提案を募集する。
東京五輪期間を含む2019年度から3年間、飲食店や売店などが入る施設や広場を整備し、にぎわいの拠点としたい考えで、31日から応募要項の配布を始めた。

市は久屋大通公園のうち、外堀通から桜通までの北エリアは「都会の安らぎ空間」、桜通から錦通までのテレビ塔エリアは「観光・交流空間」として整備する方針。
市は事業者を来年二月に選定し、20年の供用開始を目指している。

バスターミナル跡地を含む南エリアは錦通から若宮大通まで。
市は27年のリニア中央新幹線開業を見据えて「にぎわいの空間」としての公園整備を目指す。
今回は、本格的な公園整備に先立ち、バスターミナルの跡地を暫定的に活用する。

PK2018103102100271_size0.jpg

跡地は約3900㎡で、ベンチやターミナルの屋根などは市が撤去。
建築可能な面積は原則三百平方メートルで内容によってさらに広げることもできる。
名古屋テレビ塔などの景観に配慮して高さは五メートル以下。
来年2月下旬に事業者を決め、7月に着工する。

事業者は平日にも人が集まるように、施設整備とイベントを開くなどの維持管理を一括して行う。
ネーミングライツ(命名権)・パートナーとして愛称を提案することも可能。
23年3月までの期間限定だが、市の担当者は「栄の中心地を生かし、栄に似合った応募をしてもらいたい」と期待する。

≪ 11月1日 中日新聞朝刊より ≫
関連記事

いよいよ通称「栄角地」に高層ビル構想!?

名古屋の繁華街、栄の中心部に未利用地などとして残る「栄角地」の再開発に、土地を所有する名古屋市と大丸松坂屋グループが共同で着手し、高層ビル建設を構想していることが分かった。
道路を挟んだ西側で建設中の日本生命栄町ビルでは、大丸松坂屋百貨店が商業施設を運営予定で、一体整備を目指す。
都心に残る「最後の一等地」の再開発は、近年、名駅地区に後れを取っていた栄の活性化のシンボルとしての役割を担うことが期待される。

sakae-k2.png

中区錦三丁目の栄交差点北東に位置する栄角地は、名古屋市が旧日銀跡地の千八百平方メートルを所有。
大丸松坂屋が隣接地に、三井住友銀行が入居する建物の敷地二千平方メートルや、その北東側千平方メートルの駐車場を所有する。
市有地部分は「栄広場」として休息用スペースに開放されているほか、市が集会などに貸し出している。

sakae-k1.png

構想は、計四千八百平方メートルを一つの敷地として開発。容積率が緩和される建築基準法の特例を活用し、商業施設やホテルなどが入居する高層ビルを建設する。
日生栄町ビルと地下通路で結び、一体利用できるようにする。

市は今後、大丸松坂屋グループとの共同開発を前提に、栄角地の市有地部分を売却する民間開発事業者を公募する。
市有地ではなくなるが、事業構想に市の意見を反映できるような公募の仕組みを検討している。

≪ 10月12日(金) 中日新聞朝刊より ≫
関連記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
プロフィール

e-home

Author:e-home
名古屋市で住宅・不動産関係の仕事をしています。
物件だけでなく、街でふと目に留まった不思議なモノをチェックすることに、好奇心が駆り立てられます!

ホームページ
e - h o m e w e b
不動産情報も充実しています!

カテゴリー
ブログ内検索
人気ページランキング
ポチッと
珍・B級スポットランキングに参加してみました。 ポチッと応援ヨロシクお願いします。
ランキング

更にポチッと
更に地域生活・名古屋ランキングにも参加中です。 ポチッと応援、ヨロシクお願いします。
リンク
引越し無料見積り
アットホーム引越し見積もり
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
タグ

アクセス累計